インプラント

ホーム > インプラント > インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、むし歯や歯周病で歯を失ってしまった所に人工の歯根を埋め入れ、天然歯とほとんど同じ状態まで噛む力を回復させる治療法です。

本来の歯と同様の噛みごたえに加え、定期的な手入れをすることで半永久的に使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

インプラントでは、硬いものを食べたときの違和感や痛み、入れ歯を装着しているときの異物感、話しにくさに悩まされることはございません。

硬いものをしっかりと噛め、話すときも発音しやすく、加えて見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

「安全・安心」のインプラント治療のために

治療後のメンテナンスが、最も重要です

治療後のメンテナンスが、最も重要です

インプラント治療後において最も重要なことは、定期的なメンテナンスです。

どんなに完璧な治療をおこなっても、その後のメンテナンスをおこなわなければ、様々な症状を引き起こします。

当院では、治療後の定期的なメンテナンスに来ていただける方へのみインプラント治療をおこなっております。(転勤など、どうしてもご来院できない場合は事前にご相談ください)

事前のカウンセリングでメンテナンスについてもしっかりと説明し、ご納得いただいた上で治療します。

サージカルガイド

サージカルガイドを使った治療をおこないます

インプラント治療は、歯肉とあごの骨にインプラントを埋入する穴を開けます。そのため、医師の技術が左右する治療でした。

しかし、現在は高精度なガイドを使用することで、従来の手術よりも高精度な治療が可能となりました。

これがサージカルガイドシステムです。

サージカルガイドではCTを元に、徹底した術前シミュレーションをおこなうため、極めて高精度で安全な治療が可能になりました。

当院でも、全てのインプラント治療にサージカルガイドを使用しております。

入れ歯・ブリッジとの比較

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット

メリット
・比較的短期間のうちに機能回復が可能
・保険の適用が可能
・病気がちの方でもケアしやすい
デメリット
・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい
・数年ごとに作りかえ、または調整が必要
・違和感を感じやすい
・強く噛むと痛みを感じる
ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット・デメリット

メリット
・自然の歯と同じような外観を回復することができる
・自分の歯と同じように咀嚼できる
・かみ合わせを回復することができる
デメリット
・土台となるしっかりとした歯が両側にないとできない
・両端の健康な歯を削る必要がある
・両端の歯に負担がかかる
・清掃性が悪くケアしにくい

ロケーターアタッチメント

ロケーターアタッチメントとは

ロケーターアタッチメントとは

ロケーター・アタッチメントとは、接続部分に樹脂の維持ディスクをはめこむことで、インプラントと入れ歯を結合するインプラント治療法です。

シンプルな構造ですが、維持力がとても高く、現在インプラントメーカー各社から発売されています。

しっかりと固定されるため、総入れ歯がぐらついて食べ物をうまく噛めない方へもおすすめしております。

また、ロケーター・アタッチメントは取り外しも可能で、接続部分の樹脂を取り換えることで、維持力を調節したり、劣化した際には取り換えることもできます。

ロケーターアタッチメントの特徴

ロケーターアタッチメントの特徴

通常の総入れ歯と違い、支えとしてインプラントを埋入するため、しっかりと固定され、食事中に入れ歯が外れるということもありません。

また、取り外しが可能で、入れ歯を外して清掃できるため衛生面でも優れています。

その他のメリット
・維持力の調節が可能
・劣化した樹脂の部分を交換可能
・総インプラントに比べ治療費を抑えられる
・マグネットデンチャーのような「カチカチ」といった音がしない
しだ歯科クリニック

〒849-0112 佐賀県三養基郡みやき町大字江口2941-5

TEL:0942-89-3330 / FAX:0942-80-5310

【診療時間】
[午前]9:00~12:30(受付12:00迄)
[午後]14:30~ 19:00(受付 18:30迄)
※土曜午後は、17:00迄(受付16:30迄)
【休診日】
水曜日/日曜/祝日
pagetop