診療案内

ホーム > 診療案内 > 一般歯科

一般歯科

むし歯について

むし歯について

歯を磨いても、なぜむし歯になってしまうのでしょう。

人によっては、まったく磨いていないのに「むし歯は一本もないよ」という方もいます。

原因は、「ミュータンス菌」という、むし歯菌が生後10ヶ月〜31ヶ月くらいの間に保護者(主に母親)から感染するのが原因です。

最近の学説ではミュータンスの単独犯行説が否定されつつあります。

ただし31ヶ月で口の中の細菌叢(細菌の構成比)が確立することは立証されていますので、ほぼ同一の役割をしている細菌がいると思われます。お子様への感染には十分にご注意ください。

カウスの3つの輪といい、むし歯の成り立ちの模式図です。

むし歯が成立するためには、「細菌」・「食べ物」・「時間」の3つの要素が成立する必要があるということを示した図です。

しだ歯科クリニックの治療方針

しだ歯科クリニックの治療方針

むし歯の治療というと銀歯を想像されると思いますが、当院では治療後も白い歯でいてもらうために、メタルフリーを推奨しております。

金額は保険適用の有無によって変わってきますので、詳しくは料金ページをご覧ください。

ホワイトニングの注意点段階に応じた治療

C1の治療法
エナメル質の再石灰化を期待して、定期的な歯磨きチェックやフッ素塗布をおこない、経過観察をします。
C2の治療法
象牙質までむし歯が進行している場合、神経までむし歯が達している場合もあります。
神経を保護する処置をしてから、むし歯の部分を削り、セラミックやプラスチックなどの詰め物や簡単なかぶせ物をします。
C3の治療法
歯の神経(歯髄)にまで進行した場合、細菌が体の中に入っていかないように、神経を除去する必要があります。
除去した部分には細菌が残っていますので、炎症がなくなるまで薬を入れて殺菌する処置を繰り返す「根管治療」をおこないます。
根管治療で炎症が治まり、細菌がいなくなると、被せ物と被せ物を取り付ける土台を製作するために、型を取ります。
次回、でき上がった土台と被せ物を取り付けて、すべての治療は完了です。
神経が通っていた歯根の形や細菌による炎症の程度によって、根管治療の回数は異なります。
C4の治療法
歯根だけが残り、上部が崩壊して神経も死んでいる状態です。
なるべく歯を残す方法で治療をおこないますが、やむをえず抜歯することもあります。
エアフロー導入しました

エアフロー導入しました

【しだ歯科クリニック】では、タバコによるヤニや歯の着色汚れを落とすエアフローを導入しました。

お手軽に始められ、エアフローの前後で比べると、見ちがえるように白くなります。(程度により個人差があります。)

味もレモン味でスッキリした気分になります。

しだ歯科クリニック

〒849-0112 佐賀県三養基郡みやき町大字江口2941-5

TEL:0942-89-3330 / FAX:0942-80-5310

【診療時間】
[午前]9:00~12:30(受付12:00迄)
[午後]14:30~ 19:00(受付 18:30迄)
※土曜午後は、17:00迄(受付16:30迄)
【休診日】
水曜日/日曜/祝日