診療案内

ホーム > 診療案内 > 補綴(セラミック治療)

補綴(セラミック治療)

補綴(セラミック治療)とは

補綴(セラミック治療)とは

補綴歯科とは、欠けたり抜けた歯の見た目やかみ合わせを、クラウンやインレーなど人工の歯で補う治療法のことです。

保険治療の場合、被せ物や詰め物は銀歯などの金属を使用するのがほとんどです。

そのため、金属アレルギーの発症や、審美的(見た目)にも銀歯や差し歯が目立ち、美しくありません。

当院の補綴歯科はセラミックを使用した治療のため、天然の歯と審美性・機能性が高く、金属アレルギーの方にも安心して使用することができます。

オールセラミッククラウンやオールセラミックインレーの他に、価格を抑えたい方へはセラミックにプラスチック(レジン)を混合したハイブリッドレジンもご提案しております。

補綴(セラミック治療)の被せ物

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、メタルボンド・クラウンと比べて内部に金属を使用しないため、透明感など審美性に優れている材料です。

従来のセラミックは強い衝撃で破損してしまう場合があったため、オールセラミックよりはメタルボンドのほうが多く選択されてきました。

しかし、現在のオールセラミッククラウンは、強度がありながら靭性・弾性にも富んだ極めて丈夫で耐久性の高いセラミックであり、機能性・審美性に加え、耐久性にも優れた治療が可能になりました。

特徴
  • ・審美性が高く、好印象を与えられる
  • ・透明感のある自然な歯にすることができる
  • ・白さを調整できる
  • ・汚れが付きにくく、清潔な状態を保ちやすい
  • ・金属アレルギーにならない
  • ・保険診療ではできない
  • ・他のものと比べ高価である
オールセラミックインレー

オールセラミックインレー

インレーとは奥歯のむし歯治療の時、歯を削り歯型を取って作る小さな詰め物のことで、保険診療では主に銀歯を使います。

奥歯には噛む力が強く加わるため、強い強度が必要になるため、今までは銀歯や金歯など金属が多く使われてきました。

しかし、セラミックの強度などが向上し、インレーを金属ではなく白く透明感のあるセラミックでおこなうことができるようになりました。

クラウンとの違いとして、噛み合わせの一部を覆うとインレー、全体的に被せる形になるとクラウンと呼び方が変わります。

特徴
  • ・白い歯にすることができる
  • ・歯を多く残して治療ができる
  • ・汚れが付きにくく、清潔な状態を保ちやすい
  • ・金属アレルギーにならない
  • ・保険診療ではできない
  • ・噛む力が強いと割れることがある
しだ歯科クリニック

〒849-0112 佐賀県三養基郡みやき町大字江口2941-5

TEL:0942-89-3330 / FAX:0942-80-5310

【診療時間】
[午前]9:00~12:30(受付12:00迄)
[午後]14:30~ 19:00(受付 18:30迄)
※土曜午後は、17:00迄(受付16:30迄)
【休診日】
水曜日/日曜/祝日